【無料】ESG SDGs PR分析セミナー開催


家電業界を事例に、PR・広報の視点からESGコミュニケーションを分析いたします。

ESG・SDGsのPRを30項目に渡り体系的に整理・分析

セミナー日程、お申込はこちらから。

最先端のPR効果測定ツール「Qlipper(クリッパー)」を提供する株式会社トドオナダでは「PR×Tech×DX」を掲げ、PRのデータドリブン促進を目指し成長拡大中です。セミナーでは、家電業界のESG・SDGs広報PRランキングを考察し、PRを30項目にて分析します。ランキングデータをプレゼントいたします。

プログラム

  1. ESG・SDGsとは?
  2. ESG・SDGs情報発信重要性の高まりについて
  3. 海外と日本のPR情報発信の違い
  4. 統合報告書を用いた情報発信例
  5. 家電業界ESG・SDGsPRランキング
  6. 情報発信の項目整理
  7. 誰に向けた情報発信なのか?
  8. 記事量とリーチ量の違い
  9. マトリクスを用いた課題点の発見
  10. まとめ

セミナー講師より

企業PR広報においてESGを意識した情報発信が求められています。背景としては、投資家の関心が気温・環境リスクの高まりから企業活動や環境等の「持続可能性」を評価するように変化してきたことがあげられます。このように「持続可能性」を高く評価された企業は価値を増大するサイクルが広がりつつありますが、そもそもESG情報発信にはどのような項目があるのかあまり知られておりません。本セミナーでは家電業界のESG・SDGs情報発信を30項目にわけ、投資家向け、一般消費者向け、従業員向けの3カテゴリに整理して説明いたします。

Qlipper広報PRセミナーについて

株式会社トドオナダは2020年1月に創業したスタートアップ企業です。
PRシーンをより活性化するために、PR効果測定ツール「Qlipper(クリッパー)」を運営しています。
現状、多くの広報が真にPR化するためには、正確で大量なデータと業務コストダウンが必要です。
PR効果測定の視点から、広報がもつ課題点を解消するオンラインセミナーを開催しています。
参加料は無料です。